ペニスリングは薬局で買う?使用方法や口コミ、リスクを医師が解説|男性特有のお悩みを解決 - ペニラボ

専門医監修の記事を検索

気になる情報にチェックを入れて、
「検索」ボタンを押してください。

治療項目別

お悩み別

ペニスリングは薬局で買う?使用方法や口コミ、リスクを医師が解説

ペニスリングは薬局で買う?使用方法や口コミ、リスクを医師が解説

EDの症状を少しでも改善させたいという思いから「ペニスリング(コックリング)」の使用を検討している人は多いと思います。

ペニスリングはインターネットや通販で簡単に入手でき、使用も容易なことが特徴ですが、使い方を誤ると陰茎を切断することもあるほどに危険を伴います。

この記事ではペニスリングの使用方法をはじめ、実際に使用した人たちの口コミ、そしてリスクなどについて解説します。

ペニスリングとは?

ペニスリングとは、主にペニスの根元部分に装着して使用するリング状の男性器用補助器具です。

ペニスリングの素材は様々で、主にシリコン(樹脂)、ゴム、ナイロン、革、さらには鉄製のタイプなど、軟質なものから硬質なものまで幅広くあります。

ペニスリングを使用する主な目的としては「勃起力(硬さ)の持続」や「感度をあげる」などが挙げられますが、勃起力の衰えや性交中の中折れ、さらには勃起が長続きしないことで悩む人がEDの改善を目的として使用するケースもあります。

ペニスリングは、入手や使用が容易なため、お試し感覚で使う人が多い一方で、間違った使用方法が原因となり、最悪の場合は陰茎が壊死する恐れもあるため、正しい知識を身につけることが大切です。

ペニスリングとコックリングの違い

ペニスリングは別名で「コックリング」とも呼ばれます。厳密に区別されることはなく、同じ物を指していると考えてよいでしょう。

「コックリング」の由来は、英語の俗語で男性器を指す「Cock」と、環状のものを指す「Ring」の組み合わせです。

ペニスリングという呼称は医療機関などで使用されることが多いのに対して、コックリングという呼称は主にインターネットや通販など、カジュアルな場面で使われます。

ペニスリングの仕組み

ペニスリングは主に陰茎の根元部分に装着して使用します。この際、ペニスリングによって陰茎内の海綿体に流れた血液を留めることで勃起力が持続したり、性交中の中折れを防いだりする仕組みです。

勃起は陰茎内の海綿体に多くの血液が流れ込むことで起こりますから、流れ込んだ血液を陰茎内に留めることが出来れば勃起状態が続くということです。

ペニスリングを装着することで、血液の流れを鈍らせるとイメージするとよいでしょう。

ペニスリングの効果

次に、ペニスリングの効果について解説します。

ペニスリングは様々な効果がうたわれていますが、リスクを伴うことを忘れないでください。

勃起力の向上

ペニスリングには勃起力を向上させる効果があります。とりわけ、勃起時の硬さが向上するため、性的な満足感を得られるようになります。

勃起力が向上することは自信回復にも繋がり、心因性EDの改善が見込めます。

持続力の向上および早漏の改善

ペニスリングを装着することで、勃起状態が持続するようになります。また、早漏の改善効果も見込めます。

ペニスリングは陰茎を「鬱血(うっけつ)」状態にするため、血液が陰茎内に留まって勃起状態が持続します。これにより、中折れの防止や性的な満足感といった効果も得られます。

また、ペニスリングを付けると一時的に陰茎の感覚が鈍化すると言われており、この結果、オーガズムに達しにくくなり、早漏が改善する効果も示唆されています。

一方で、ペニスリングを使って半ば強制的に持続性を向上させることや、早漏を改善することは危険を伴うため注意しなければいけません。

性的な感度の向上

ペニスリングを装着することで勃起状態が持続し、性的な満足感が向上する効果があります。

さらに、女性器を刺激する突起物が付いているペニスリングや、バイブレーション機能が付いたペニスリングなどを使えば、パートナーと共に性的な感度が向上します。

ただし、ペニスリングの使用方法を誤ると、パートナーも含めて怪我をする可能性があることを忘れないでください。

ペニスリングの使用方法

ペニスリングは勃起する前に装着して使用します。装着する際にはローションを使うとスムーズになります。

勃起してからでは装着しにくくなりますので「勃起前」に付けるようにします。

ペニスリングの装着部位と期待できる効果

ペニスリングとひと言で言っても「亀頭」や「陰嚢(いんのう)」に装着するものもあり、それぞれで期待できる効果も異なります。

例えば「亀頭」のカリ首部分に装着するペニスリングは、勃起状態の持続は見込めないものの、性感の持続性が向上したり、パートナーの快感を向上させたりする効果があります。

また「陰嚢」にペニスリングを装着すると「射精感の向上」や「早漏の改善」といった効果が見込めます。(睾丸カフとも呼ばれる)

いずれも強制的な方法であるため、怪我や損傷のリスクがあります。

ペニスリングを使用する際に注意すべきこと

ペニスリングの使用時に注意すべきことを解説します。

装着時間

ペニスリングを使用する際は「20分から30分以内」を守りましょう。

ペニスリングは一時的に陰茎を鬱血状態にさせるものです。鬱血状態が長時間続くと陰茎が壊死してしまい、陰茎の切断を余儀なくされることもあります。

サイズ

ペニスリングのサイズ選びにも注意しましょう。

一般的にペニスリングのサイズは「S・M・L」といった展開ですが、ひとつの目安として「勃起状態の太さ(陰茎周)からマイナス2~3mm」を参考にしてください。

代用品を使わない

ペニスリングの代用品として輪ゴムや紐などを使ってはいけません。

ペニスリングの多くは、脱着しやすい構造や素材が用いられていますが、輪ゴムなどの代用品は取り外しが難しく、陰茎を損傷する可能性があります。

陰茎絞扼症や持続勃起症の可能性

ペニスリングを正しく使用しないと「陰茎絞扼症」や「持続勃起症」になるかもしれません。

陰茎絞扼症とは、ペニスリングなどで陰茎を持続的に締め付けることにより、血管損傷や壊疽などが起こることです。

持続勃起症とは、性的な欲求とは無関係に勃起状態が4時間以上継続する症状で、血液の戻りが悪く虚血状態になることです。

いずれも、勃起不全(ED)や陰茎の切断に至る可能性があります。

ペニスリングの口コミに関する見解

ペニスリングの口コミに関して医師による見解を紹介します。

サイズ選びが難しい

ペニスリングに関する口コミでは「サイズ選び」に関する悩みをよく見ます。

裁縫用メジャーや紐を使って勃起状態の陰茎周を測り、そのサイズからマイナス2~3mmしてください。

そして、ペニスリングのサイズ選択で該当するものを選ぶことをおすすめします。

ペニスリングのサイズ選びが難しい場合は、異なるサイズがセットになったものや、サイズ調整可能なものを選ぶとよいでしょう。

装着のタイミング

ペニスリングは「勃起前」に装着しなければいけません。

勃起してからでは装着が難しいため、性交前にあらかじめ準備しておきましょう。装着のタイミングを逃しやすいといった口コミは多いようです。

少し恥ずかしい気持ちになる

ペニスリングはEDの改善に用いる人が多いため、恥ずかしい思いをしたという口コミも見られます。

このような場合は、無理にペニスリングを使用せず、ED治療を受診する方が安心です。

簡単に使えた

ペニスリングは使い方を誤ると取り返しがつかない状況を招く恐れがあります。

ペニスリングを安易に利用するあまり、かえってEDになるケースや、最悪の場合は陰茎の切断を迫られるリスクを忘れないでください。

EDや早漏といった症状はペニスリングでは解決できません。必ず医師に相談するようにしてください。

ペニスリングに関するよくある質問と回答

最後に、ペニスリングに関するよくある質問を紹介します。

ペニスリングを使うには手術が必要ですか?

いいえ、必要ありません。

ただし、恒久的なペニスリングを陰茎に挿入する場合は手術が必要です。

ペニスリングは薬局で買えますか?

いいえ、買えません。

ペニスリングはインターネットをはじめとする通販や、性具販売店などで購入できます。ただし、不衛生な粗悪品であったり、工業用Oリングを販売していたりするケースもあるので注意しましょう。

ペニスリングはAmazonなどの通販で買えますか?

はい、Amazonといったインターネット通販で買えます。

ただし、衛生面や怪我といったリスク回避のためおすすめしません。

まとめ

ペニスリングは勃起状態を持続させる効果をはじめ、EDの症状を改善できる可能性があるとうたわれていますが、危険を伴うことを忘れないでください。

EDや早漏、包茎といった症状はペニスリングでは解決できませんので、必ず医療機関を受診しましょう。
MSクリニックでは、ED治療薬や早漏改善薬を院内処方しております。
全て信頼のメーカー正規品です。
人気の国産ジェネリック医薬品もご用意しております。
専門医が丁寧に問診・診察・説明を行い、来院から10分程度でその場でお渡しいたします。
看護師も全員が男性ですので、どうぞお気軽にご相談、ご来院ください。

MSクリニックのWEB来院予約はこちら ED治療薬・早漏治療薬についてはこちら

この記事の監修医師

葉山芳貴
総院長、医学博士

葉山芳貴

経歴

平成14年 聖マリアンナ医科大学 卒業
平成20年 大阪医科大学 大学院 卒業
平成22年 大手美容形成外科 院長 就任
平成27年 メンズサポートクリニック開設
平成28年 メンズサポートクリニック新宿 院長就任
平成28年 医療法人清佑会 理事長 就任

資格

医師免許(医籍登録番号:453182)
保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)

検索する

治療項目一覧

ページ上部へ