包茎とは?|痛みのない適正費用の包茎治療は新宿・横浜・名古屋のMSクリニック〔泌尿器科・美容・形成外科〕

医療法人社団 清友佑会「全てはお客様のために」
ロゴ
MSクリニック
MSクリニック 新宿 横浜
  • MSクリニック 新宿
  • MSクリニック 横浜
  • MSクリニック 名古屋
診療時間10:00~20:00 ご予約・ご相談は24時間受付中!
フリーダイヤル:0120-76-6800 相談・予約受付24時間年中無休
  • 無料LINE相談
  • 無料メール相談
  • 無料診察カウンセリング予約
catch

包茎とは?〔東京新宿・神奈川横浜・愛知名古屋〕

  • トップに戻る
  • LINE
  • メール相談
  • WEB予約

包茎とは?〔東京新宿・神奈川横浜・愛知名古屋〕

東京・新宿、神奈川・横浜、愛知・名古屋の包茎手術専門クリニック

包茎手術は男性専門泌尿器形成のMSクリニック新宿・横浜・名古屋へ

仮性包茎の場合には、医学的には治療の必要はないとされていますが、外観上の理由で包皮の切除を行うパターンがあります。
その場合は、保険の適用はできないため自費治療となり、治療費も高額です。
カントン包茎や真正包茎の治療方法は、基本的に保険が適応されますが、自由診療のクリニックの場合、保険の適応ができない場合があるので注意しなければなりません。
治療方法には、手術療法と包皮翻転指導があります。

包茎の概要

新生児のペニスの状態▲ 新生児のペニスの状態
包茎とは、普段は包皮に亀頭が包まれていて、勃起した時に自然と亀頭が完全に剥き出せない状態のことです。
新生児はほぼ100%が包茎で産まれてきます。包皮には、必要な機能があるからです。
包皮はもともと傷つきやすい亀頭を守るために覆っていますが、亀頭の成長とともに包皮は自然に剥けるようになります。
大人になるころには自然と包茎では無くなると考えている人もいますが、実際には日本人の60~70%の人が通常の状態では亀頭が包皮に覆われている状態だといわれているのです。
そして、目立った症状がないため治療の必要がないと自己判断されていることも少なくありません。
しかし、包皮の先端の口の部分が細いと、亀頭を露出させると包皮の先端の口の部分が陰茎を締め付けることがあります。この包皮の締め付けが強いと、亀頭への血流が悪くなって変色したり、痛みが起きたりし、救急病院のお世話になる場合があります。
その他にも、包茎の種類によっては衛生的な問題や排尿障害、性行為が通常通りに行えないなど、多くの問題につながることがあるので注意が必要です。

包茎の種類▼
包茎の検査と診断方法▼
包茎の治療法と手術方法▼
包茎とは?のまとめ▼
包茎手術・治療はこちら▶
包茎手術のよくある質問はこち▶
予約から治療の流れはこちら▶︎

包茎の種類について

仮性包茎

仮性包茎の症状

仮性包茎は、通常は亀頭が包皮に覆われています。
勃起時に皮が剥けて亀頭が露出しますが、勃起だけで自然に亀頭がすべて露出するわけではなく、すべて露出させるには手で剥かなければなりません。
このレベルでは目立った症状がないため、特に治療を行わない場合が多いです。
まれに衛生状態を悪いまま放置しておくと、かゆみが出て赤くはれてしまうことがあります。特に糖尿病患者では、包皮の先端部分のアカギレや包皮炎を繰り返すことで皮膚がだんだんと固くなったり、包皮の口が狭くなってきたりしてカントン包茎や真性包茎に悪化するケースも多く見られます。

仮性包茎手術の詳細はこちら▶︎

カントン包茎

カントン包茎の症状

カントン包茎は仮性包茎の一種で、嵌頓のある仮性包茎をカントン包茎と呼び、仮性包茎と真正包茎の中間的な状態と言えます。
通常状態では包皮を手で剥くことができますが、包皮の先端の口の部分が細いために、勃起時してから亀頭を露出させるのは困難であったり、先に亀頭を露出させてから勃起させると、包皮の先端の口の部分が亀頭の下に嵌まり込むことで、陰茎を締め付けて痛みや亀頭への血流障害を起こすことがあります。このように包皮の先端の口の部分が細い仮性包茎をカントン包茎と呼びます。(厳密には嵌まり込んだ状態のことを嵌頓と言いますが、嵌頓を起こす可能性のある包茎もカントン包茎として扱います) また、性交によって炎症を起こしやすくなる点に注意が必要です。

カントン包茎手術の詳細はこちら▶︎

真性包茎

真性包茎の症状

亀頭が全く露出しない。もしくは、亀頭の先端がわずかしか露出しておらず、包皮の先端の口の部分が狭いため包皮を剥がすのが難しい状態です。
亀頭を露出できないため、ごみが貯まりやすく、尿中のカルシウムが溜まって、亀頭と包皮の隙間に尿石を生じることもしばしばです。痛みやかゆみが生じることもあります。
性交も難しいため、早急に治療する必要があります。

真性包茎手術の詳細はこちら▶︎

包茎の検査と診断方法

包茎の検査と診断方法

まず医師が患者の症状を聞いた後、視診・触診で判断をするパターンが一般的です。
ただし、亀頭の炎症による化膿や尿路感染症を発症している場合では、血液検査や尿検査を行うことがあります。
包皮炎を繰り返しているような症例では、血液検査でヘモグロビンA1cや血糖値などを調査し、尿検査では糖尿病や細菌の有無を調査します。

包茎の治療法と手術方法

仮性包茎の場合には、医学的には治療の必要はないとされていますが、外観上の理由で包皮の切除を行うパターンがあります。
その場合は、保険の適用はできないため自費治療となり、治療費も高額です。
カントン包茎や真正包茎の治療方法は、基本的に保険が適応されますが、自由診療のクリニックの場合、保険の適応ができない場合があるので注意しなければなりません。
治療方法には、手術療法と包皮翻転指導があります。

手術療法

余剰包皮を切除▲ 余剰包皮を切除

余分な包皮を切除して、包皮にふさがれていた亀頭を露出させます。
環状切開術という術式が一般的で、亀頭の周囲の余分な包皮をリング状に切開。
一般的には、局所麻酔をペニスの根本及び包皮に施します。
手術時間は30分程度で日帰り対応が可能です。
手術には溶ける糸を使用することが多く、この場合抜糸は行う必要がありませんが、シャワーや入浴、性交渉は術後一定期間控えることが必要。
傷口は1か月ほどで目立たなくなってきますが、その後も数か月ほどは無理に力を加えないように注意が必要です。
その他には背面切開術という方法があり、包皮の口の部分に縦に切れ目を入れるように切開します。
この術式は海外で行われる割礼の方法と同じで、小児に行われるのが一般的です。

包茎手術・治療の詳細はこちら▶︎

包皮翻転指導

包茎の検査と診断方法

包皮を柔らかくするために、ステロイドを含有した軟膏を一定期間塗り続けます。
塗布する頻度は日に1~2回。
包皮が柔らかくなったら手で剥いて亀頭を露出させます。
包皮翻転指導で多くの場合は包茎に改善が見られますが、治療の効果が見られなかった場合には手術による治療が行われます。

まとめ

「包茎とは?」 をまとめると以下の通りです。

・包茎とは包皮に亀頭が包まれていて、勃起だけで自然に包皮が剥き出せない状態をいいます
・包茎の多くは症状がないため放置されていることが多いですが、なかには衛生上の問題や排尿・性交渉における機能障害を引き起こす恐れがあります
・包茎には仮性包茎、真正包茎とその間のカントン包茎があります
・治療を必要とするのは真性包茎、カントン包茎全です(仮性包茎も必要な場合あり)
・包皮翻転指導でも効果がない場合、手術治療が行われます

もし自覚症状があって、日常生活に支障をきたしているようであれば、当院のような男性専門の泌尿器科を受診することをおすすめします。

包茎手術のご相談・ご予約

無料診察カウンセリングへご来院ください。

新宿・横浜・名古屋のMSクリニックには10代~80代まで幅広い年代の方が、治療した患者さまからのご紹介や口コミでご来院されています。包茎であることにより毎日の生活で不自由を感じていらっしゃるのは皆さん同じです。少しでも気になる方は東京新宿、神奈川横浜、愛知名古屋のMSクリニックへお気軽にご相談ください。診察カウンセリングを無料で行っておりますので下記よりご予約のうえご来院ください。

専任の男性スタッフが親身に対応!お気軽にご相談ください。 TEL:0120-76-6800
専門医の診察カウンセリングや資料をご希望の方はこちら!無料カウンセリング来院予約
MSクリニックのLINE@はこちら
MSクリニックへの無料メール相談はこちら