医療法人社団 清佑会

全ては患者さまの笑顔のために

診療時間10:00~20:00 ご予約・ご相談は8:00~21:00

フリーダイヤル
0120-76-6800
医療法人社団 清佑会 MSクリニック
  • 新宿
  • 横浜
  • 大宮
  • 名古屋
  • 大阪

【医師監修】包茎は早漏になりやすい?原因や改善法を医師が解説|医療法人社団 清佑会MSクリニック【治療にまつわるお役立ち情報】

包茎は早漏になりやすい?原因や改善法を医師が解説

「包茎は早漏になりやすいの?」や「包茎の男は早漏なの?」といった疑問を持ったことがある人は多いかもしれません。

事実、包茎が原因となる早漏の症状は存在しますが、必ずしも包茎だからと言って早漏とは限りません。

この記事では「包茎と早漏」について、その関係性をはじめ、早漏になってしまう原因や治療法を、包茎や早漏の治療実績が豊富な医師がわかりやすく解説します。

包茎と早漏の関係

包茎と早漏は関係性こそありますが、包茎の人が必ずしも早漏であるとは限りません。包茎であっても早漏に該当しないケースもあれば、包茎が直接的な原因で早漏になっているケースもあります。

包茎と早漏の関係性を知るためには、早漏になりやすいとされている包茎の種類、そして早漏になる原因について理解することが大切です。

ご自分が、包茎でなおかつ早漏かもしれないと感じている場合は、包茎の種類と早漏の原因の2つをしっかり理解しましょう。

包茎の種類と早漏の原因については、以下で詳しく解説します。

早漏になりやすいとされる包茎のタイプ

一般的に、早漏になりやすいとされている包茎のタイプは以下の2つです。

  • 真性包茎
  • 仮性包茎

それぞれ詳しく解説します。

真性包茎

「真性包茎」は早漏になりやすいタイプの包茎です。真性包茎は、勃起時であっても包皮が亀頭を覆っているため、亀頭が刺激に対して極度に弱い状態になりやすく、わずかな性的刺激で射精してしまいます。

また、セックスの際には、膣による刺激だけでなく、自身の包皮輪が亀頭を刺激してしまうため、刺激量が増えて射精が早まります。

亀頭が刺激に対する一定の耐性を伴わなければ、射精までの時間が短くなってしまいます。真性包茎の場合、平常時および勃起時ともに亀頭が露出していないため過敏になりやすく、結果的に早漏になってしまいます。

仮性包茎

早漏になりやすいとされる包茎の種類には「仮性包茎」も含まれます。仮性包茎であっても、普段の非勃起時は亀頭が包皮に覆われているため、亀頭が刺激に慣れてなかったり、性交時に自身の包皮による刺激が加わってしまったりすることで、早漏になりやすい。

特に、仮性包茎のなかでも、勃起時に完全に亀頭が露出しないタイプや、勃起時でも包皮が亀頭を覆っていることがあるといった場合はなおさら早漏になりやすいでしょう。

勃起時にはちゃんと亀頭が露出するからといって、早漏になりにくいと誤った思い込みをしないようにしましょう。

実績30000件以上の名門クリニック MSクリニック公式サイトを覗いてみる

早漏になる主な原因

早漏になる主な原因

包茎と早漏の関係を理解するには、早漏になる原因についても知っておきましょう。

包茎による包茎性早漏

包茎が早漏の原因とされる症状を「包茎性早漏」と呼びます。包茎であるが故に、亀頭の刺激耐性が弱く、短時間で射精してしまいやすくなります。

亀頭が刺激に慣れたとしても、包皮による摩擦はなくならないため、包茎でない場合と比較して、射精してしまいやすい状態と言えるでしょう。

刺激に弱い過敏性早漏

「過敏性早漏」も包茎が原因とされる症状です。勃起時に亀頭が露出していたとしても、亀頭が刺激に弱いままだと、わずかな刺激で射精してしまいます。

亀頭が性的な刺激に慣れていない若年層が多く該当し、性的な経験が増えてくることで改善されることもあります。

不適切なマスターベーション

早漏になる原因として「不適切なマスターベーション」もあります。セックスで受ける刺激と乖離した自慰行為を習慣化してしまうと、早漏になりやすいと言われています。

具体的には、ペニスを擦りつける、強く握り締めたり、圧迫したりする、さらには刺激が強すぎる動画等を観ることなどが含まれます。

とりわけ包茎の男性が不適切なマスターベーションを習慣化すると、早漏を発症しやすくなるため、注意が必要です。

精神的な要因

「精神的な要因」も早漏になる原因とされています。例えば、中折れや早漏、そしてED(勃起不全)といったセックスに関連する失敗経験がトラウマになっていると、心身が緊張状態になり、結果として早漏になりやすいでしょう。

対照的に、過剰なまでに性的な興奮が高まることで、早漏になるケースもあります。パートナーに対する想像や妄想が行き過ぎると、セックスの際に交感神経が優位な状態(緊張状態)になってしまい、射精しやすくなります。

筋力の低下

早漏になる原因には「筋力の低下」もあります。主に、40代や50代以降の男性に多く見られるもので、射精をコントロールするための筋肉である射精管閉鎖筋、骨盤低筋、球海綿体筋などが衰えると、射精するまでの時間が短くなることがあります。

包茎による早漏を改善する治療法

包茎が早漏を招いているかもしれないと感じる男性には、以下のような改善法や治療法をおすすめします。

  • 適切なマスターベーション
  • 内服薬(プリリジー)
  • 包茎手術

それぞれ解説します。

適切なマスターベーション

「適切なマスターベーション」は、包茎の方はぜひとも取り組んでほしい方法です。もし、セックスで得られる刺激とかけ離れた刺激によるマスターベーションを習慣化している場合は、とくに注意してください。

適切なマスターベーションを習慣化すると同時に、セマンズ法やスクイーズ法といった早漏改善トレーニングを取り入れるのもよいでしょう。

セマンズ法は、射精しそうになったら刺激を止め、射精感が静まったら、再び刺激を加えることを3~4回繰り返す方法です。

スクイーズ法は、射精しそうになった時点で、3本の指(親指、人差し指、中指)でペニスを圧迫し、射精感を静め、時間をおいてから再び刺激を加えることを3~4回繰り返します。

これらは、マスターベーションで習慣化する以外にも、セックスの際にパートナーの協力を得て実践することもおすすめします。

内服薬(プリリジー)

包茎が原因で早漏気味という男性には「内服薬(プリリジー)」もおすすめです。プリリジーは世界初の早漏改善薬として知られており、射精までの時間を3~4倍延ばす効果が期待できます。

なお、プリリジーは医療機関を受診し、医師に処方してもらう必要があります。オンライン診療に対応している男性専用クリニックを利用すれば、クリニックに出向くことなく入手可能です。

インターネット通販などではプリリジーやそれに類する薬が個人輸入品として販売されていますが、偽造品や粗悪品が多く、健康被害の恐れもあるため利用しないようにしましょう。

包茎手術

包茎手術」は包茎が原因による早漏でお悩みの男性におすすめの方法です。一般的に、仮性包茎は手術する必要はないと言われていますが、早漏になるひとつの要因であるため、仮性包茎であっても手術することをおすすめします。

また、真性包茎やカントン包茎は、早漏はもとよりセックスに支障をきたす可能性があるため、すぐにでも包茎手術を受けるようにしましょう。

なお、包茎手術は通院や入院の必要がなく、30分程度で完了します。早漏の改善だけでなく、ペニスの見た目改善、さらには性病予防などにもつながる、メリットが多い手術です。

まとめ

包茎と早漏には関係性があるということが分かったと思います。
包茎だからと言って早漏になるとは限りませんが、包茎の場合は早漏になる可能性が十分に考えられます。

包茎で、なおかつ早漏の傾向があると感じる場合は、まずは医師に相談し、内服薬プリリジーや包茎手術等の治療法を検討してみましょう。

MSクリニックでは、包茎手術・早漏治療・長茎術・亀頭増大術などから、AGA薄毛治療など、男性美容まで男性のお悩みを全て解消するメンズクリニックです。
症例豊富な医師をはじめ、看護師も全員が男性ですので、どうぞお気軽にご相談、ご来院ください。

今すぐWEB予約で包茎の悩みを相談してみる! MSクリニックの包茎治療についてはこちら MSクリニックの早漏治療についてはこちら

この記事の監修医師

葉山芳貴

総院長、医学博士 葉山芳貴

経歴

平成14年
聖マリアンナ医科大学 卒業
平成20年
大阪医科大学 大学院 卒業
平成22年
大手美容形成外科 院長 就任
平成27年
メンズサポートクリニック開設
平成28年
メンズサポートクリニック新宿 院長就任
平成28年
医療法人清佑会 理事長 就任

資格

医師免許(医籍登録番号:453182)

保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)

こちらの記事もお勧めです

医療法人社団 清佑会MSクリニックが運営する公式メディアです。

当院は医療法人社団としての認可を受けた自由診療の男性専門クリニックです。 人を思いやる心こそ、医療のバックボーンであるという信念のもと、患者さまに満足、安心していただける医療を提供するべく、医療技術のみならず、インフォームド・コンセントやホスピタリティを徹底するこで、適正医療機関としての信頼を得られていると考えております。これからも、質の高い医療を継続的に提供し、高い社会的信頼の創造ならびに、多様化するニーズへ応えるため、医療の可能性を追求、創造してまいります。

全ては患者さまの笑顔のために

丁寧な説明と最良の医療で、患者さまのお悩みを解消し、明るく、幸せな毎日を送る一助になることを使命としております。 どんな細やかなお悩みでも、ご遠慮なくご相談ください。生涯にわたり信頼されるクリニックとして、治療からアフターケアまで責任を持って誠実に行います。

総院長「葉山芳貴」紹介

葉山芳貴

経歴

  • 平成14年 聖マリアンナ医科大学 卒業
  • 平成20年 大阪医科大学 大学院 卒業
  • 平成22年 大手美容形成外科 院長 就任
  • 平成27年 メンズサポートクリニック開設
  • 平成28年 メンズサポートクリニック新宿 院長就任
  • 平成28年 医療法人清佑会 理事長 就任

資格

  • 医師免許(医籍登録番号:453182)
  • 保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)
もっとMSクリニックを知る
相談無料・診察カウンセリング無料・入院通院不要・当日予約OK