医療法人社団 清佑会

全ては患者さまの笑顔のために

診療時間10:00~20:00 ご予約・ご相談は8:00~21:00

フリーダイヤル
0120-76-6800
医療法人社団 清佑会 MSクリニック
  • 新宿
  • 横浜
  • 大宮
  • 名古屋
  • 大阪

【医師監修】EDは間違ったオナニーが原因で発症するのか?医師が解説|医療法人社団 清佑会MSクリニック【治療にまつわるお役立ち情報】

2023.12.10

【医師監修】EDは間違ったオナニーが原因で発症するのか?医師が解説

EDは間違ったオナニーが原因で発症するのか?医師が解説

「EDはオナニーが原因でなるの?」や「間違ったオナニーでEDになるって本当?」といった疑問を持ったことがある男性は多いのではないでしょうか。

一般的に、EDを発症する原因は、加齢やストレスなどと認識されていますが、間違ったオナニーでも発症するということはあまり知られていないようです。

そこでこの記事では、ED治療の実績が豊富な医師が「EDとオナニー」の関係について、注意点などを含め、分かりやすく解説します。

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは、セックスの際に十分な勃起状態にならないことや、射精まで勃起を維持できない状態のことです。

英語の「ErectileDysfunction」の頭文字に由来します。日本語では、勃起不全または勃起障害と呼ばれることもありますが、いずれも同じ意味として使われることがほとんどです。

EDはその原因によって以下4つの種類に分けられます。

  • 器質性ED
  • 心因性ED
  • 混合性ED
  • 薬剤性ED

「器質性ED」は、血管や神経といった身体的な障害が原因のEDです。具体的には、動脈硬化、神経障害、そしてテストステロンの分泌量が減少することなどが該当します。

「心因性ED」は、心理的または精神的な障害に起因するEDです。例えば、仕事や人間関係、さらには間違ったオナニーで性的興奮に鈍感になってしまうことなどが影響します。

「混合性ED」は、器質性EDと心因性EDが混在する状態のEDです。加齢に伴う身体的な衰えに加え、精神的なストレスなどが重なることで起こり、原因の特定が難しいとされています。

最後の「薬剤性ED」は、服用している薬の副作用が原因のEDです。具体的には、精神安定剤や抗うつ薬、そして降圧剤などが当てはまります。

ひと言でEDや勃起不全と言っても、それぞれ原因が異なる複数の種類があることを知っておくことが大切です。

EDの種類を理解することで、より効果的で効率的なED治療に取り組むことが可能になります。

実績30000件以上の名門クリニック MSクリニック公式サイトを覗いてみる

EDを発症する原因

EDを発症する原因には、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 加齢
  • 生活習慣病
  • 精神不調
  • 間違ったオナニー

それぞれの原因について解説します。

加齢

EDを発症する原因のひとつが「加齢」です。加齢に伴って男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減ることや、血管の弾力性が減って動脈硬化を起こすことなどが影響します。

とくに、テストステロンの分泌量は20代をピークにして徐々に減り始め、50代になると平均値を下回ることが多くなり、必然的に勃起しにくくなると言われています。

生活習慣病

「生活習慣病」はEDを発症する原因です。具体的には、高血圧、糖尿病、そして脂質異常症(高コレステロール)などが該当し、これらによって勃起に必要な血流が阻害されやすくなることでEDを発症します。

生活習慣病は生活習慣の乱れによって起こりやすくなり、結果的にEDを招くため、年齢を問わず注意すべき原因と言えるでしょう。

精神不調

EDを発症する原因には「精神不調」もあります。例えば、仕事や家庭のストレス、夫婦間のストレス、さらには子作りのプレッシャーなどが該当します。

他にも、不適切なマスターベーションによって、正常な性行為で興奮しなくなる状態に陥っているケースもあり「見えない原因」として注意すべきです。

間違ったオナニー

「間違ったオナニー」はEDを発症する原因です。間違ったオナニーとは、セックスの際に早漏や遅漏といった射精障害、さらにはセックスで興奮しなくなる(勃起しない)ことにつながるオナニーを指しています。

セックスで得られる性的な興奮を上回るような自慰行為を習慣化している場合に起こりやすいため、オナニーの仕方を見直す必要がでてきます。

EDになりやすいとされる間違ったオナニー法

EDになりやすいとされる間違ったオナニー法

EDを発症する原因として軽視しがちなのが「間違ったオナニー」です。間違ったオナニー法として知られているものは以下のようなものがあります。

  • 強く握る
  • こすりつける
  • 足ピン
  • 時短オナニー
  • 刺激が強すぎる動画視聴

それぞれの方法について解説します。

強く握る

EDを発症する可能性がある間違ったオナニーとして「強く握る」方法があります。俗に言う「強グリップ」と呼ばれる方法で、過剰に強くペニスを握ることで膣による刺激とかけ離れてしまって、膣の刺激では勃起しなくなる仕組みです。

一般的に、バナナやミカンが潰れない程度の握力とされる4.25kgが理想と言われていますが、強グリップが原因でEDを発症しているような場合は、2倍以上の10kgの強さで握ることを習慣化しているとされています。

こすり付ける

「こすり付ける」ことは、EDにつながりやすい間違ったオナニー法です。具体的には、床や壁、ベッドなどにペニスをこすりつけるようにして動く方法で、膣による刺激よりも遥かに刺激が強いため、セックスの刺激で物足りなくなってEDを招くかもしれません。

足ピン

EDにつながりやすい間違ったオナニーには「足ピン」もあります。太ももに力を入れるようにして足をまっすぐ伸ばして自慰行為する方法で、理想とされる全身リラックス状態からかけ離れてしまいます。

また、セックスでは、足を伸ばした状態で射精することは難しく、癖付いてしまうと足を伸ばした状態以外では勃起または射精できなくなってしまいます。

時短オナニー

「時短オナニー」もEDを招く間違ったオナニーです。例えば、朝立ちを利用したオナニーを習慣化したり、オナ禁を習慣化したりする人は時短オナニーになりがちです。

射精を急ぐようなオナニーを習慣化してしまうと、半勃起射精や早漏が癖になってしまい、早漏を気負うことでEDになるかもしれません。

刺激が強すぎる動画視聴

EDを発症する原因となる間違ったオナニーには「刺激が強すぎる動画視聴」も含まれます。正常なセックスでは性的興奮を覚えないような過激な動画や画像を使ったオナニーを習慣化してしまうことで、普段のセックスで興奮しなくなるかもしれません。

ED発症を疑った方がいい兆候

EDの発症を疑うべき兆候として以下のようなことを覚えておきましょう。

  • オナニーでしか勃起または射精しない
  • 現実から乖離したことでしか興奮しない
  • セックスで勃起しにくくなった

それぞれの兆候について解説します。

オナニーでしか勃起または射精しない

EDの兆候として「オナニーでしか勃起または射精しない」ことがあります。オナニーでは問題なく勃起または射精できても、セックスでは興奮しない場合、EDを疑ってください。

間違ったオナニーなどが原因による「心因性ED」を疑う必要があるでしょう。

現実から乖離したことでしか興奮しない

「現実から乖離したことでしか興奮しない」場合も心因性EDの発症を疑いましょう。とくに、高刺激のポルノを使ったオナニーを習慣化している人は注意が必要です。

セックスで勃起しにくくなった

「セックスで勃起しにくくなった」ことが続く場合は、ED発症を疑いましょう。器質性EDや心因性ED、そして混合性EDを発症している可能性が極めて高いため、速やかなED治療が必要です。

おすすめのED改善法

EDを改善する方法として以下をおすすめします。

正しいオナニー法に変える

「正しいオナニー法に変える」ことは日々の取り組みでとても大切です。ポイントは、セックスの刺激や興奮からかけ離れてしまわないことですので、快楽を優先したオナニー法を続けない努力が求められます。

ED治療薬

EDの改善には「ED治療薬」がおすすめです。バイアグラやシアリスといったED治療薬を使いつつ、間違ったオナニーの習慣をやめることで十分な改善効果が期待できます。

まとめ

EDを発症する原因には、間違ったオナニーが影響している可能性があります。
不適切なオナニーは、EDにつながることをしっかり覚えておいてください。

EDを発症しているかもしれないと思う場合は、早めにED治療薬による治療をはじめることをおすすめします。

MSクリニックでは、ED治療薬としてバイアグラをはじめ、レビトラ、シアリスを院内処方しております。
全て信頼のメーカー正規品です。人気の国産ジェネリック医薬品もご用意しております。
専門医が丁寧に問診・診察・説明を行い、来院から10分程度でその場でお渡しいたしますので、お気軽にご相談ください。

WEB来院予約でED治療薬を処方してもらおう! MSクリニックのED治療薬についてはこちら オンライン診療についてはこちら

この記事の監修医師

葉山芳貴

総院長、医学博士 葉山芳貴

経歴

平成14年
聖マリアンナ医科大学 卒業
平成20年
大阪医科大学 大学院 卒業
平成22年
大手美容形成外科 院長 就任
平成27年
メンズサポートクリニック開設
平成28年
メンズサポートクリニック新宿 院長就任
平成28年
医療法人清佑会 理事長 就任

資格

医師免許(医籍登録番号:453182)

保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)

鳥羽洋輔

新宿院 院長 鳥羽洋輔

経歴

平成31年
札幌医科大学医学部医学科 卒業
令和3年
美容皮膚科クリニック 勤務
令和4年
MSクリニック 勤務

資格

美容外科医

医師免許(医籍登録番号:559547)

こちらの記事もお勧めです

医療法人社団 清佑会MSクリニックが運営する公式メディアです。

当院は医療法人社団としての認可を受けた自由診療の男性専門クリニックです。 人を思いやる心こそ、医療のバックボーンであるという信念のもと、患者さまに満足、安心していただける医療を提供するべく、医療技術のみならず、インフォームド・コンセントやホスピタリティを徹底するこで、適正医療機関としての信頼を得られていると考えております。これからも、質の高い医療を継続的に提供し、高い社会的信頼の創造ならびに、多様化するニーズへ応えるため、医療の可能性を追求、創造してまいります。

全ては患者さまの笑顔のために

丁寧な説明と最良の医療で、患者さまのお悩みを解消し、明るく、幸せな毎日を送る一助になることを使命としております。 どんな細やかなお悩みでも、ご遠慮なくご相談ください。生涯にわたり信頼されるクリニックとして、治療からアフターケアまで責任を持って誠実に行います。

総院長「葉山芳貴」紹介

葉山芳貴

経歴

  • 平成14年 聖マリアンナ医科大学 卒業
  • 平成20年 大阪医科大学 大学院 卒業
  • 平成22年 大手美容形成外科 院長 就任
  • 平成27年 メンズサポートクリニック開設
  • 平成28年 メンズサポートクリニック新宿 院長就任
  • 平成28年 医療法人清佑会 理事長 就任

資格

  • 医師免許(医籍登録番号:453182)
  • 保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)
もっとMSクリニックを知る
相談無料・診察カウンセリング無料・入院通院不要・当日予約OK