【医師監修】男性更年期障害の症状をチェックする方法|男性特有のお悩みを解決 - ペニラボ

専門医監修の記事を検索

気になる情報にチェックを入れて、
「検索」ボタンを押してください。

治療項目別

お悩み別

男性更年期障害について詳しく知りたい」という方や、「もしかして自分は更年期障害なのではないか?」と不安に思っている方、いらっしゃいませんか?

そんな時は、男性更年期障害(LOH症候群)の症状があるかどうか、まずはご自身でチェックしてみるのはいかがでしょうか。

この記事では、「男性更年期障害の症状」について、男性更年期障害の治療経験が豊富な医師が分かりやすく解説します。

 男性更年期障害(LOH症候群)とは

男性更年期障害とは、正式名称を加齢性男性性腺機能低下(LOH;late-onset-hypogonadism)症候群といい、性欲や認知力の低下、睡眠障害、筋肉量の減少、骨粗鬆症などの症状を生じている状態を指します。

男性更年期障害の主な原因は、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減少することと考えられています。テストステロンの分泌量は20代から30代をピークとし、加齢と共に緩やかに減少していくため、その影響を受けやすい人では男性更年期障害を発症する場合があると言われています。

2022年、厚生労働省が実施した「更年期症状・障害に関する意識調査」(*1)によると、40代男性では36.2%、50代男性では42.2%、そして60代男性では43.9%が男性更年期障害に該当した、とあります。このため、40代以降の男性にとって、男性更年期障害は他人事ではないのです。

ちなみに、20代から30代の場合でも、約28%の方が男性更年期障害の症状に該当していると言われていますので、男性更年期障害は年齢のお若い方にも起きる可能性がある、ということは知っておきましょう。

もしも、ご自身が男性更年期障害に該当するかどうか気になりはじめましたら、まずはセルフチェックや医師による診断を受けることが大切です。

男性更年期障害の主な症状

あなたが男性更年期障害に該当するかどうかチェックするため、まずは男性更年期障害で多く見られる症状について知っておきましょう。

男性更年期障害の症状は、主に以下3つに分類されています。

  • 身体症状
  • 精神症状
  • 性機能症状

それぞれ具体的な症状について解説します。

身体症状

男性更年期障害の身体症状は、主に関節や筋肉の痛み、筋力低下、そして疲労感などが挙げられます。

他にも、ホットフラッシュと呼ばれるほてりや発汗、そしてのぼせ、さらには肥満(メタボ)や頻尿なども含まれます。

初期症状として「疲れやすさ」や「日中の眠気」などがあります。

精神症状

男性更年期障害の精神症状としては、イライラして怒りっぽくなることの他、パニックや不安、神経質になることが代表的です。

また、何事に対してもやる気が起きない無気力、どん底にいるような感覚、さらには憂うつな気持ちなども含まれます。

「イライラ」や「やる気がでない」といったことは、初期症状の現れと考えてよいでしょう。

性機能症状

男性更年期障害の性機能症状は、精力や性欲が低下する、さらには勃起しにくくなる、勃起しないといったことが含まれます。

初期症状として「朝立ちの回数が減る」ということがあります。

男性更年期障害のセルフチェック方法

男性更年期障害のセルフチェック方法

男性更年期障害のセルフチェックには、「AMSスコア(Aging males’ symptomsScore)」がおすすめです。

AMSスコアは、男性更年期障害のスクリーニング検査として、日本泌尿器科学会や厚生労働省の調査(*2)で使用されています。

心因的因子に関する質問が5項目、身体的因子が7項目、そして性機能因子が5項目の合計17項目の設問に対し、症状がなければ1点、極めて重度である場合は5点というように点数を加算し、合計点で症状の頻度を把握できます。

    なし 軽い 中等度 重い 非常に
重い
1 総合的に調子が思わしくない(健康状態,本人自身の感じ方) 1点 2点 3点 4点 5点
2 関節や筋肉の痛み(腰痛,関節痛,手足の痛み,背中の痛み) 1点 2点 3点 4点 5点
3 ひどい発汗(思いがけず突然汗が出る。緊張や運動とは関係なくほてる) 1点 2点 3点 4点 5点
4 睡眠の悩み(寝つきが悪い,ぐっすり眠れない,寝起きが早く疲れがとれない,浅い睡眠,眠れない) 1点 2点 3点 4点 5点
5 よく眠くなる,しばしば疲れを感じる 1点 2点 3点 4点 5点
6 いらいらする(当たり散らす,些細なことにすぐ腹を立てる,不機嫌になる) 1点 2点 3点 4点 5点
7 神経質になった(緊張しやすい,精神的に落ち着かない,じっとしていられない) 1点 2点 3点 4点 5点
8 不安感(パニック状態になる) 1点 2点 3点 4点 5点
9 からだの疲労や行動力の減退(全般的な行動力の低下,活動の減少,余暇活動に興味がない,達成感がない,自分をせかせないと何もしない) 1点 2点 3点 4点 5点
10 筋力の低下 1点 2点 3点 4点 5点
11 憂うつな気分(落ち込み,悲しみ,涙もろい,意欲がわかない,気分のむら,無用感) 1点 2点 3点 4点 5点
12 「絶頂期は過ぎた」と感じる 1点 2点 3点 4点 5点
13 力尽きた,どん底にいると感じる 1点 2点 3点 4点 5点
14 ひげの伸びが遅くなった 1点 2点 3点 4点 5点
15 性的能力の衰え 1点 2点 3点 4点 5点
16 早朝勃起(朝立ち)の回数の減少 1点 2点 3点 4点 5点
17 性欲の低下(セックスが楽しくない,性交の欲求がおきない) 1点 2点 3点 4点 5点
合計点 男性更年期障害の症状の程度
17〜26点 なし
27〜36点 軽度
37〜49点 中等度
50点以上 重度

男性更年期障害の治療法

男性更年期障害の治療としては、以下に挙げる方法があります。セルフチェックの結果、男性更年期障害の疑いがある場合には、医療機関を受診の上、医師にご相談されるとよいでしょう。

  • 男性ホルモン補充療法
  • ED治療薬
  • 漢方薬

それぞれの治療法について解説します。

男性ホルモン補充療法

男性更年期障害の治療法として「男性ホルモン補充療法」があります。これは、男性ホルモンの「遊離型テストステロン(フリーテストステロン)」の数値が基準(*3)とされる7.5pg/mLを下回る場合に、不足分を補うことを目的にした治療法です。

遊離型テストステロンは男性ホルモンのなかでも最も活性が強いもので、男性更年期障害の症状に様々な影響を及ぼすとされています。

男性ホルモン補充療法の実施に当たっては、まず血液検査にて遊離型テストステロンの血中濃度を測定し、上記の基準値を下回っていた場合に、男性ホルモンの注射を開始します。ただし、男性ホルモン補充療法が適さないケースもありますので、詳しくは専門の医療機関にてご相談ください。

(*3) 2022年12月のガイドライン改訂でフリーテストステロンの基準値が8.5pg/mlから7.5pg/mlに引き下げられました。

ED治療薬

ED治療薬」は男性更年期障害のなかでも、性機能症状の改善が見込める方法です。例えば、勃起しにくい、勃起が射精まで持続しないといった症状がある場合に有用とされています。

具体的なED治療薬として、バイアグラやシアリスといったものがあります。これらは医薬品になりますので、医師による処方が必要です。オンラインで販売しているED薬には偽物が多いため、注意を払いましょう。

漢方薬

男性更年期障害の治療法には「漢方薬」もあります。代表的なものとして「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などがあり、倦怠感や気力がないといった症状の改善が期待できます。

運動や食事といった生活習慣の見直しと一緒に取り組むのも有効でしょう。

まとめ

男性更年期障害の症状をチェックするには「AMSスコア」を使った方法を試してみてください。

チェックの結果、男性更年期障害が疑われる場合や、様々な症状に対する不安を感じる時は、男性専用クリニックなどの医療機関を受診するようにしましょう。

MSクリニック新宿院では、男性の更年期障害、包茎手術・早漏治療・長茎術・亀頭増大術などから、AGA薄毛治療など、男性美容まで男性のお悩みに向き合うメンズクリニックです。
症例豊富な医師をはじめ、看護師も全員が男性ですので、どうぞお気軽にご相談、ご来院ください。

今すぐWEB予約で更年期障害の悩みを相談してみる! MSクリニックの更年期障害治療についてはこちら

この記事の監修医師

葉山芳貴
総院長、医学博士

葉山芳貴

経歴

平成14年 聖マリアンナ医科大学 卒業
平成20年 大阪医科大学 大学院 卒業
平成22年 大手美容形成外科 院長 就任
平成27年 メンズサポートクリニック開設
平成28年 メンズサポートクリニック新宿 院長就任
平成28年 医療法人清佑会 理事長 就任

資格

医師免許(医籍登録番号:453182)
保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)

鳥羽洋輔

鳥羽洋輔

経歴

平成31年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
令和3年 美容皮膚科クリニック 勤務
令和4年 MSクリニック 勤務

資格

美容外科医
医師免許(医籍登録番号:559547)

検索する

治療項目一覧

治療費用について

MSクリニックについて

MSクリニックは医療法人社団 清佑会が運営するクリニックです

当院は医療法人社団としての認可を受けた自由診療の男性専門クリニックです。 人を思いやる心こそ、医療のバックボーンであるという信念のもと、患者さまに満足、安心していただける医療を提供するべく、医療技術のみならず、インフォームド・コンセントやホスピタリティを徹底するこで、適正医療機関としての信頼を得られていると考えております。これからも、質の高い医療を継続的に提供し、高い社会的信頼の創造ならびに、多様化するニーズへ応えるため、医療の可能性を追求、創造してまいります。

全ては患者さまの笑顔のために

丁寧な説明と最良の医療で、患者さまのお悩みを解消し、明るく、幸せな毎日を送る一助になることを使命としております。 どんな細やかなお悩みでも、ご遠慮なくご相談ください。生涯にわたり信頼されるクリニックとして、治療からアフターケアまで責任を持って誠実に行います。

もっと詳しく

治療が可能なクリニック一覧

友達に追加する ページ上部へ
×
友達に追加する