【医師監修】尖圭コンジローマって、実際どんな症状なの?|男性特有のお悩みを解決 - MSクリニック運営・ペニラボ

専門医監修の記事を検索

気になる情報にチェックを入れて、
「検索」ボタンを押してください。

治療項目別

お悩み別

【医師監修】尖圭コンジローマって、実際どんな症状なの?

【医師監修】尖圭コンジローマって、実際どんな症状なの?

尖圭コンジローマは、性器や肛門の周囲にできる、イボが特徴的な性感染症(性病)の一種です。

この疾患はウイルスによって引き起こされ、主に性行為によって感染が広がりますが、潜伏期間が長いことから、感染経路がはっきりしないことも多々あります。

尖圭コンジローマの患者数は増加傾向であり、日頃の性行為にも注意が必要となります。

この記事では、そんな尖圭コンジローマの症状やその治療法、予防法についてご紹介します。

尖圭コンジローマとは?

尖圭コンジローマは、主に性行為によって感染する、性感染症(STD=性病)の一種です。

ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが原因であり、3週間から8ヶ月の潜伏期間を経て特徴的なイボやしこりを生じますが、自然に治ってしまうことも多い良性病変です。

ただし、HPVの型によっては悪性(がん)化する場合もありますので、注意が必要です。

尖圭コンジローマは、お若い方や、性行為のお相手が複数いらっしゃるなど、性活動性の高い方の場合に罹患する確率が高いとされるため、コンドームを使用するなど、日々の性行為にも注意が必要です。

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマの主な症状としては、陰茎や陰嚢、肛門などの周辺にイボが出現し、進行するとニワトリのトサカ(鶏冠)状やカリフラワー状などと表現される、特徴的なイボが出現することが挙げられます。

これらのイボは、ほとんどの場合無症状ですが、しばしばかゆみや痛みを引き起こすこともあります。

尖圭コンジローマの検査について

尖圭コンジローマを放置してしまうと、他の部位に広がったり、性行為のお相手に感染させてしまう場合もありますので、まずは早期発見が重要となります。
このため、ご自身のペニスやその周辺にトゲトゲしたイボができていた場合、早めに医療機関へ受診することをお勧めします。

尖圭コンジローマの検査方法としては、視診や触診が一般的であり、通常は特別な検査は必要ありません。
尖圭コンジローマは、先述した通り特徴的な形状のイボを生じますので、経験のある医師が「見ればわかる」ことがほとんどだからです。

ただし、尖圭コンジローマの原因となるHPVのタイプによっては、悪性化(がん化)のリスクがあります。
尖圭コンジローマは、HPVの6型や11型などが原因であることが多く、悪性化することはまずありませんが、16型や18型などによる感染の場合、ごく稀に陰茎がん等を起こすことがあるため、注意深く経過観察することが必要となります。

パートナーとの相談も重要

また、ご自身が尖圭コンジローマを発症した場合、パートナーとの相談も大切です。
潜伏期間が長いことから、すでにパートナーに感染させてしまっていることもありますし、場合によってはパートナーから感染した可能性もあります。

性感染症はどんな人にも発症するリスクがありますが、隠したり放置すると、感染を広げてしまう場合もあるのです。
このため、尖圭コンジローマの検査・治療は、パートナーと一緒に行った方が安心ですが、お互いの心情に配慮し、適切な方法を探っていきましょう。

加えて、尖圭コンジローマに罹患した方は、他の性感染症を併発している場合もありますので、梅毒や性器ヘルペスなどの検査を併せて実施することがあります。

一方で、そもそも視診の結果、PPPやタイソン腺といった、性感染症ではないイボである可能性もありますので、ペニスにイボを見つけた場合には、医療機関で診察を受けた方が無難です。

実績30000件以上の名門クリニック MSクリニック公式サイトを覗いてみる

尖圭コンジローマの治療法

尖圭コンジローマの治療法

尖圭コンジローマは自然治癒する場合も多くありますが、発症から数ヶ月経っても症状が改善しなかったり、イボの数が増えてくるような場合には、治療が必要となります。

治療法としては、手術やレーザーによる除去、液体窒素による凍結、軟膏の塗布などがあり、イボの状態によって適した方法が選択されます。

通常、HPVの感染から尖圭コンジローマの発症には数週間から3ヶ月程度かかるといわれていますので、治療終了後も最低3ヶ月は経過観察を行い、再発した場合に早期発見することが大事です。

また、先述した通り、パートナーもHPVに感染している場合がありますので、再感染を防ぐためにも、一緒に治療を行うことが推奨されます。

尖圭コンジローマは予防できる?

性行為を行う以上、粘膜や皮膚の接触が生じますので、性感染症のリスクは付きまといます。
このため、尖圭コンジローマについても完全に予防することは不可能ですが、適切な予防策を実施し、できる範囲で感染リスクを低減させることが重要です。

尖圭コンジローマの予防法としてまず大切なのは、コンドームを正しく使用することです。
HPVは、皮膚や粘膜の微小な傷から侵入しますので、性行為の際はコンドームを使用しましょう。

また、不特定多数のお相手との性行為についても、できるだけ避けた方が無難です。

また、皮膚の乾燥やアトピー性皮膚炎などが原因で、ペニスの皮膚が荒れていたり傷があるような場合には、傷口からHPVが侵入しやすくなりますので、こういった症状がある間は性行為を控え、皮膚科などを受診して治療を行うことも大切です。

 ワクチンの接種も検討しよう

さらに、ワクチンの接種も有効です。
尖圭コンジローマの主な原因とされるHPVにはワクチンが存在し、女性では「子宮頸がんワクチン」として定期接種が行われています。

男性の場合、定期接種は行われていませんが、2020年にHPV4価ワクチン(ガーダシル)の男性への使用が認可され、自費診療の範囲内で接種を受けることが可能となりました。
HPVワクチンは、尖圭コンジローマの予防のみならず、陰茎がんや咽頭がんなどの予防、性行為のお相手にHPVを感染させるリスクを低減する効果もあるといわれています。
自治体によっては、男性のHPVワクチン接種に対する費用助成も検討されているようなので、お住まいの自治体のホームページなどをご参照ください。

まとめ

尖圭コンジローマは、性感染症(性病)の一つで、主に性行為によって感染します。
HPVというウイルスが粘膜や皮膚の傷から侵入することによって、特徴的なイボ状の病変を引き起こします。
尖圭コンジローマは基本的に無症状ですが、しばしばかゆみや痛みを伴うことがあります。

尖圭コンジローマの検査としては、基本的には視診や触診となりますが、HPVの型によっては悪性化する可能性がありますので、注意が必要です。
また、パートナーにも感染させてしまっているリスクがありますので、一緒に検査・治療を受けることが推奨されます。

尖圭コンジローマは自然治癒することもありますが、症状が長引いた場合の治療方法としては、手術・レーザーによる除去、液体窒素による凍結、塗り薬などがあります。
治療後も再発の可能性があるため、医師の指示に従い、定期的な検査を受けることが必要です。

尖圭コンジローマの予防法としては、コンドームの使用や皮膚疾患の治療、ワクチン接種などがあります。
性感染症は完全に予防することはできませんが、できる範囲でリスクを低減させることが大事です。

今すぐWEB予約で悩みを相談してみる! MSクリニックの亀頭のブツブツ除去についてはこちら

この記事の監修医師

葉山芳貴
総院長、医学博士

葉山芳貴

経歴

平成14年 聖マリアンナ医科大学 卒業
平成20年 大阪医科大学 大学院 卒業
平成22年 大手美容形成外科 院長 就任
平成27年 メンズサポートクリニック開設
平成28年 メンズサポートクリニック新宿 院長就任
平成28年 医療法人清佑会 理事長 就任

資格

医師免許(医籍登録番号:453182)
保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)

鳥羽洋輔
新宿院 院長

鳥羽洋輔

経歴

平成31年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
令和3年 美容皮膚科クリニック 勤務
令和4年 MSクリニック 勤務

資格

美容外科医
医師免許(医籍登録番号:559547)

検索する

治療項目一覧

治療費用について

MSクリニックについて

MSクリニックは医療法人社団 清佑会が運営するクリニックです

当院は医療法人社団としての認可を受けた自由診療の男性専門クリニックです。 人を思いやる心こそ、医療のバックボーンであるという信念のもと、患者さまに満足、安心していただける医療を提供するべく、医療技術のみならず、インフォームド・コンセントやホスピタリティを徹底するこで、適正医療機関としての信頼を得られていると考えております。これからも、質の高い医療を継続的に提供し、高い社会的信頼の創造ならびに、多様化するニーズへ応えるため、医療の可能性を追求、創造してまいります。

全ては患者さまの笑顔のために

丁寧な説明と最良の医療で、患者さまのお悩みを解消し、明るく、幸せな毎日を送る一助になることを使命としております。 どんな細やかなお悩みでも、ご遠慮なくご相談ください。生涯にわたり信頼されるクリニックとして、治療からアフターケアまで責任を持って誠実に行います。

もっと詳しく

治療が可能なクリニック一覧

友達に追加する ページ上部へ
×
友達に追加する