医療法人社団 清佑会

全ては患者さまの笑顔のために

診療時間10:00~20:00 ご予約・ご相談は8:00~21:00

フリーダイヤル
0120-76-6800
医療法人社団 清佑会 MSクリニック
  • 新宿
  • 横浜
  • 大宮
  • 名古屋
  • 大阪

【医師監修】仮性包茎の割合はどれくらい?|医療法人社団 清佑会MSクリニック【治療にまつわるお役立ち情報】

仮性包茎の割合はどれくらい?

みなさんは「仮性包茎の割合ってどれくらいだろう?」と考えたことはありませんか?日本人男性の多くは仮性包茎に該当すると言われており、他の人も仮性包茎で治療していないみたいだから、自分も治療しなくていいと思い込んでいる人もいることでしょう。

事実、日本人男性の半数以上の割合が仮性包茎ですが、治療の必要性がないとは言い切れません。

そこでこの記事では「仮性包茎の割合」を紹介するとともに、仮性包茎を治療すべき理由、具体的な治療法などについて、包茎手術を得意とする医師が分かりやすく解説します。

日本人男性における仮性包茎の割合

日本人男性における仮性包茎の割合は、おおよそ60~70%とされています。また、過去に包茎手術を受けたことがある人、つまり元々は包茎だった人を含めると、その割合はさらに高くなるでしょう。

一方、ひと言で仮性包茎と言っても、その症状は様々なものがあります。例えば、勃起時と勃起していない通常時の両方で包皮を被っている状態であったり、勃起時だけ包皮がむけたり、さらには、包皮がむけていることもあるが、そうでない時もあるといったパターンなどです。

このような仮性包茎の症状も含め、なぜ日本人男性には仮性包茎が多いのかという理由には、日本には宗教的風習である「割礼」の習慣がないこと、また、むかしから仮性包茎の治療に対する抵抗が少なからず存在していたこと、そして諸外国と比べて包茎治療の必要性が認識されてこなかったことなどが影響していると考えられています。

日本人男性における仮性包茎の割合は非常に高いと言えますが、これを理由にして治療しなくてもよいと考えてはいけません。

仮性包茎は、男性の性機能に様々な悪影響を及ぼす可能性があります。これらのリスクを理解したうえで、治療を検討することが大切です。

仮性包茎によって生じる影響

仮性包茎だと以下のような影響が生じる可能性があります。

  • 早漏になりやすい
  • 不衛生になる
  • 病気にかかりやすい
  • 自信を持てなくなる

上記それぞれについて解説します。

早漏になりやすい

仮性包茎だと「早漏になりやすい」という影響があります。仮性包茎の場合、通常時または勃起時に亀頭を包皮が覆っているため、亀頭の耐刺激性が低くなりがちです。

この結果、セックスなどの際に受ける性的な刺激で射精しやすくなります。また、早漏が原因で自信が持てなくなり、セックスの際に勃起しなくなってしまう「ED(勃起障害)」につながる恐れがあるため、軽視できない影響です。

不衛生になる

「不衛生になる」ことも仮性包茎によって生じる影響のひとつです。仮性包茎だと、包皮が亀頭を覆っている時間が長くなり、悪臭の原因となる「恥垢(尿や精液が乾燥し固まった垢)」が溜まりやすくなります。

また、汗や、雑菌が繁殖することによる悪臭も考えられるでしょう。包皮をむくことが可能な仮性包茎の男性であっても、亀頭周辺が不衛生になりやすい状況にあることを忘れないでください。

病気にかかりやすい

仮性包茎の場合「病気にかかりやすい」影響もあります。これは、包皮が亀頭を覆っていることで、病気の原因となる細菌や真菌、そしてウイルスなどが増殖しやすいためです。

特に尖圭コンジローマの場合、包皮の内側の皮膚と亀頭表面の皮膚との間でウイルスを移しあいっこすることになり、広範囲に病変が広がる結果となりがちです。

自信を持てなくなる

「自信を持てなくなる」ことも仮性包茎の影響に含まれます。例えば、仮性包茎が要因で早漏になってしまい、パートナーを満足させられない、さらにはペニスの見た目が恥ずかしくてセックスに消極的になってしまうことなどがあります。

些細な影響と考えがちですが、放置しておくとEDや男性不妊などにつながる恐れがあるため、仮性包茎であったとしても安心してはいけません。

包茎の種類

包茎の種類

仮性包茎の割合は半数以上とされていますが、包茎には仮性包茎を含め3つの種類がありますので、合わせて覚えておきましょう。

仮性包茎

日本人男性で最も多い包茎の種類が「仮性包茎」です。仮性包茎の症状は様々ですが、基本的には勃起していない通常時または勃起時に痛みを伴うことなく、包皮を容易にむける状態を指しています。

一方で、包皮が亀頭を覆っている状態が長く続くような場合は、性病、不衛生、そして早漏を招く恐れがあります。

仮性包茎は治療しなくてもよいと言われがちですが、男性の性機能だけでなく、精神面にも悪影響を及ぼす可能性があるため、治療すべき症状と言えます。

真性包茎

「真性包茎」は重度の症状に該当する包茎の種類です。日本では成人男性の1~3%の割合が真性包茎に該当するとされています。

真性包茎は、通常時および勃起時でも包皮がむけない状態で、症状によっては排尿や性行為に支障がでます。

仮性包茎とは異なり、一刻も早く包茎手術を受けるべき症状と言えるでしょう。

カントン包茎

包茎の種類には「カントン包茎」もあります。日本人男性におけるカントン包茎の割合は、真性包茎と同程度に少ないとされており、治療が不可欠な重度の包茎に該当します。

カントン包茎は、包皮口が極端に狭いことが要因で、亀頭を露出させてから勃起すると、陰茎を締め付けて鬱血を起こすことが状態を指しています。

亀頭や陰茎を締め付けられると、鬱血部分が壊死する可能性があり、セックスやマスターベーションといった性行為が正常にできなくなる深刻な症状です。

包茎の治療法

仮性包茎の割合は非常に高いものの、必ずしも治療の必要はないと言われていますが、性病や早漏予防、そしてED(勃起不全)になることを防ぐ意味でも包茎治療を受けましょう。

包茎を改善する治療法には以下のようなものがあります。

包茎手術

最も代表的な包茎治療が「包茎手術」です。外科的手術によって余剰な包皮を切除します。仮性包茎であっても、ペニスの見た目改善、性病予防、そして早漏改善効果が見込めますので、治療することをおすすめします。

なお、包茎が治る、ペニスが大きくなるといったことをうたう器具が流通していますが、これらは包茎を根本的に改善する効果はなく、かえって包皮が伸びてしまい、包茎の症状が悪化する恐れがありますので注意してください。

長茎術

「長茎術」も包茎を改善することが期待できます。長茎術とは、体内に埋没している陰茎を引き出し、固定する方法で、通常時の陰茎が長くなることで包茎が改善します。

軽度の仮性包茎である場合や、ペニスを長くしたいといった男性に適した方法と言えるでしょう。

亀頭増大術

包茎の改善方法として「亀頭増大術」もあります。亀頭にヒアルロン酸を注入して、亀頭を大きくする方法です。亀頭が大きくなると被りにくくなる事を利用していますが、包皮は伸び縮みするため、手で被せれば被ります。亀頭が小さすぎる場合や包皮の余りが多すぎる場合では亀頭増大術を行っても被りやすさが変わらない場合もあります。

軽度の仮性包茎である場合や、亀頭を大きくしたいと考えている男性におすすめです。

まとめ

日本人男性における仮性包茎の割合は60~70%とされており、症状に差はあるものの、ほとんどの男性が仮性包茎に該当していると言えるでしょう。

仮性包茎は、性機能などに重大な影響を及ぼすことは少ないとされていますが、性病予防、早漏やEDを回避するためにも治療することをおすすめします。

MSクリニックでは、包茎手術・早漏治療・長茎術・亀頭増大術などから、AGA薄毛治療など、男性美容まで男性のお悩みを全て解消するメンズクリニックです。
症例豊富な医師をはじめ、看護師も全員が男性ですので、どうぞお気軽にご相談、ご来院ください。

今すぐWEB予約で包茎の悩みを相談してみる! MSクリニックの包茎治療についてはこちら

この記事の監修医師

葉山芳貴

総院長、医学博士 葉山芳貴

経歴

平成14年
聖マリアンナ医科大学 卒業
平成20年
大阪医科大学 大学院 卒業
平成22年
大手美容形成外科 院長 就任
平成27年
メンズサポートクリニック開設
平成28年
メンズサポートクリニック新宿 院長就任
平成28年
医療法人清佑会 理事長 就任

資格

医師免許(医籍登録番号:453182)

保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)

こちらの記事もお勧めです

医療法人社団 清佑会MSクリニックが運営する公式メディアです。

当院は医療法人社団としての認可を受けた自由診療の男性専門クリニックです。 人を思いやる心こそ、医療のバックボーンであるという信念のもと、患者さまに満足、安心していただける医療を提供するべく、医療技術のみならず、インフォームド・コンセントやホスピタリティを徹底するこで、適正医療機関としての信頼を得られていると考えております。これからも、質の高い医療を継続的に提供し、高い社会的信頼の創造ならびに、多様化するニーズへ応えるため、医療の可能性を追求、創造してまいります。

全ては患者さまの笑顔のために

丁寧な説明と最良の医療で、患者さまのお悩みを解消し、明るく、幸せな毎日を送る一助になることを使命としております。 どんな細やかなお悩みでも、ご遠慮なくご相談ください。生涯にわたり信頼されるクリニックとして、治療からアフターケアまで責任を持って誠実に行います。

総院長「葉山芳貴」紹介

葉山芳貴

経歴

  • 平成14年 聖マリアンナ医科大学 卒業
  • 平成20年 大阪医科大学 大学院 卒業
  • 平成22年 大手美容形成外科 院長 就任
  • 平成27年 メンズサポートクリニック開設
  • 平成28年 メンズサポートクリニック新宿 院長就任
  • 平成28年 医療法人清佑会 理事長 就任

資格

  • 医師免許(医籍登録番号:453182)
  • 保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)
もっとMSクリニックを知る
相談無料・診察カウンセリング無料・入院通院不要・当日予約OK