コロナで脱毛する可能性がある?医師が解説|男性特有のお悩みを解決 - ペニラボ

専門医監修の記事を検索

気になる情報にチェックを入れて、
「検索」ボタンを押してください。

治療項目別

お悩み別

コロナで脱毛する可能性がある?医師が解説

コロナで脱毛する可能性がある?医師が解説

これまで2回にわたり「コロナとED(勃起不全)」と「コロナとペニスの縮小」について取り上げてきました。

今回のテーマは「コロナと脱毛」ですが、こちらは海外だけの出来事ではなく、すでに日本でも報告されています。

いずれも男性にとって、歓迎できないレポートばかりですね……。

 コロナにかかると脱毛してしまう?

コロナに感染すると、白血球とウイルスの戦いが有利に進むよう体内でサイトカインという物質が作られます。

その一部が暴走すると、全身を巡ってあらゆる場所に血栓を作り出し、血管を傷付けていくと考えられているのです。

どうやら、コロナウイルス自体が体中を回って悪さをしているわけではないようですね。

当然ながら毛根にも血管が通っていて、酸素や栄養を届けて髪が生えるのを助けています。

しかし、この血管がサイトカインの暴走でダメージを受けると血行が鈍ってしまい、脱毛に至るというメカニズムのようです。

以前紹介したAGA(男性型脱毛症)治療用の内服薬・フィナステリドなどはホルモンに作用するので、コロナによる脱毛に対しては効果が期待できないと思われます。

 コロナ脱毛に有効な成分

ここで有効と考えられるのが「ミノキシジル」です。

育毛剤のコマーシャルで名前を聞いた方もいると思いますが、毛根の血管を広げて血流を促すため対処療法として効果的です。

当クリニックではこのミノキシジルの内服薬とローションの併用を勧めていてます。

 クリニックなら高濃度のミノキシジルが処方される

薬機法により、市販品はミノキシジルを5%までしか配合できませんが、私たちは15%まで処方できます。

当然、濃度が高ければ効果も期待できますが、いきなり高濃度のものを使用すると、副作用としてかゆみや赤みが生じやすいため、少しずつ濃度を上げていきます。

 白血球の攻撃による脱毛にはステロイド

なお、一部の記事ではコロナによる脱毛が血管障害ではなく、円形脱毛症と同様に白血球が毛根を攻撃することで引き起こされる、と書かれています。

この場合は白血球の活動を抑えるステロイドが有効です。

まとめ

コロナで脱毛してしまっても対策があるというのは男性にとってうれしいことですね。

MSクリニックは、長茎術・亀頭増大術・ED治療など男性のお悩みを全て解消するメンズクリニックです。
症例豊富な医師をはじめ、看護師も全員が男性ですので、どうぞお気軽にご相談、ご来院ください。

MSクリニックの無料メール相談はこちら

この記事の監修医師

葉山芳貴
総院長、医学博士

葉山芳貴

経歴

平成14年 聖マリアンナ医科大学 卒業
平成20年 大阪医科大学 大学院 卒業
平成22年 大手美容形成外科 院長 就任
平成27年 メンズサポートクリニック開設
平成28年 メンズサポートクリニック新宿 院長就任
平成28年 医療法人清佑会 理事長 就任

資格

医師免許(医籍登録番号:453182)
保険医登録(保険医登録番号:阪医52752)

検索する

治療項目一覧

ページ上部へ