クリニックコラム|MSクリニック新宿・横浜・名古屋〔泌尿器科・美容・形成外科〕

医療法人社団 清友佑会「全てはお客様のために」
ロゴ
MSクリニック
MSクリニック 新宿 横浜
  • MSクリニック 新宿
  • MSクリニック 横浜
  • MSクリニック 名古屋
診療時間10:00~20:00 ご予約・ご相談は24時間受付中!
フリーダイヤル:0120-76-6800 相談・予約受付24時間年中無休
  • 無料LINE相談
  • 無料メール相談
  • 無料診察カウンセリング予約
catch

縫合糸のスケジュールについて医師が解説

  • トップに戻る
  • LINE
  • メール相談
  • WEB予約

縫合糸のスケジュールについて医師が解説

MSクリニックのコラム

MSクリニックのコラム

医師が解説 縫合糸について

包茎手術後の縫合において、当院では通常の糸と溶ける糸を選択できます。前者は主にナイロン製で、後者はポリグリコール酸と呼ばれる素材のものが中心です。

抜糸溶ける糸

ナイロン製は黒、青、透明が多く、患者さまに選んでいただきますが、毛があったり、かさぶたができたりする場合は、抜糸時に見分けにくいため青を提案することが多いです。また、溶ける糸は紫色です。

まずナイロン製は、1本の繊維でできているので表面がツルツルと滑らかです。そのため縫合部の肉を巻き込みにくく、抜糸しやすいのが特徴となります。加えて感染症に強く、糖尿病などの基礎疾患を抱えている方にもおすすめです。

縫合糸イメージ画像

一方で溶ける糸は、複数の繊維をよっているので肉が絡みやすいです。しかしこれはメリットで、体液や血液が付着し、白血球が糸を食べるのを促します。また、糸自体に抗菌剤が練り込まれています。抜糸で来院する必要がない分、遠方の方や多忙な方に選ばれています。 なお溶ける糸の場合、白血球の死がいが膿のようになることがあります。さらに皮膚同士をつなごうと、接着剤の役割をする“しこり”ができることもあります。いずれも自然の現象で、時間と共に治っていきますので心配はいりません。

どちらの糸を選んでも料金は同じです。術後は亀頭を出すように包帯を巻くので排尿も問題ありません。また、初めの3~4日は入浴時にビニール袋などでペニス包んでもらいます。その後は石けんの泡でしっかり洗い、完治を待ちましょう。糸は伸縮性が無いため、勃起時に引っ張られるような違和感があります。

縫合糸イメージ画像

ちなみに、抜糸に合わせて亀頭増大術を受ける方もいます。局部麻酔をして亀頭にヒアルロン酸を注入し、そのまま縫合糸も抜いてしまうのです。包茎が治って、亀頭が大きくなって、抜糸時の痛みもない、まさに一石三鳥ですね。


包茎手術の詳細についてはこちら


解説医師
DOCTER

葉山ドクター総院長 葉山芳貴 医学博士
【経歴】
平成14年 聖マリアンナ医科大学 卒業
平成20年 大阪医科大学 大学院 卒業
平成22年 大手美容形成外科 院長 就任
平成27年 メンズサポートクリニック開設
平成28年 メンズサポートクリニック新宿 院長就任
平成28年 医療法人清佑会 理事長 就任


包茎手術・治療と併せて行える施術

包茎手術・治療と併せて行える施術

包茎手術・治療と併せて、お好みの治療を同時施術することも可能です。複数の治療を同時に行うことで時間が短縮でき、大きな相乗効果を期待することができます。

早漏改善治療 亀頭増大術 陰茎増大術
切らない長茎術 亀頭のブツブツ除去 シリコンボール
早漏改善治療 亀頭増大術
陰茎増大術 切らない長茎術
シリコンボール・シリコンバー 亀頭のブツブツ除去

上記以外の治療項目一覧▶︎

無料診察カウンセリングへご来院ください。

新宿・横浜・名古屋のMSクリニックには10代~80代まで幅広い年代の方が、治療した患者さまからのご紹介や口コミでご来院されています。包茎であることにより毎日の生活で不自由を感じていらっしゃるのは皆さん同じです。少しでも気になる方は東京新宿、神奈川横浜、愛知名古屋のMSクリニックへお気軽にご相談ください。診察カウンセリングを無料で行っておりますので下記よりご予約のうえご来院ください。

専任の男性スタッフが親身に対応!お気軽にご相談ください。 TEL:0120-76-6800
専門医の診察カウンセリングや資料をご希望の方はこちら!無料カウンセリング来院予約
MSクリニックのLINE@はこちら
MSクリニックへの無料メール相談はこちら